中毒になる人が続出、那須どうぶつ王国の「マヌルネコのうた」

本日4月23日は国際マヌルネコの日です。

これはマヌルネコを保護する団体「Pallas’s cat International Conservation Alliance」(PICA)が、準絶滅危惧種であるマヌルネコの生態や保全状態について周知し考えてもらうために2019年に制定されたものです。

マヌルネコが飼育されている国内7か所の施設の一つ、埼玉県の那須どうぶつ王国のTwitterアカウントでは、先日4月1日のエイプリルフールに映画予告風の動画と共に「マヌルネコの歌を作ります」と発表していましたが…

なんと先週15日、「国際マヌルネコの日」にあわせて那須どうぶつ王国のYoutube公式チャンネルにより本当に『マヌルネコのうた』が公開されました。

キャッチーな歌詞とテンポで視聴後も耳から離れず、そして可愛らしいマヌルネコの映像もあいまって何度もみてしまうこと間違いなしのMV。中毒性がありますので、皆さんも用法用量を守って正しくご視聴ください。

ちなみに昨日4月22日はマヌルネコのエルくんとアズちゃんの2歳の誕生日で、那須どうぶつ王国の公式チャンネルではマヌルネコファミリーの現在をご紹介した『まぬる家はいま』も公開されています。どうぞ合わせてご視聴ください。

エピネシス・コラムズ
・マヌルネコ(Otocolobus manul)はシベリア南部から中央アジアの砂漠地帯や樹木のない岩石地に生息しており、ネコ科動物のなかでは最も古い種として知られています。

・かつては毛皮を目的とした狩猟の対象にもなっていましたが、現在では開発による生息地の減少により絶滅が懸念されています。