「頭にもやがかかる」コロナ後遺症”ブレインフォグ”を解明する手掛かりとなるような脳の異常を発見――ジョンズ・ホプキンス大学

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究者らはこのほど、新型コロナウイルス感染症の治癒後にみられる”ブレインフォグ”と呼ばれる症状解明の手掛かりとなるような脳の異常を発見したと報告しました。この研究成果は『JAMA Neurology』に2月12日付けで掲載されています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらす症状のなかには詳しい原因がよくわからないものが数多くあります。そのなかの一つが、まるで頭にもやがかかったような、ぼんやりとした状態になる症状”ブレインフォグ”です。特に重症患者で起きる可能性があり、治癒後も長期にわたって後遺症として残る場合があります。

研究者らは、新型コロナウイルス感染症により死亡した15人の患者の脳組織を分析しました。

その結果、新型コロナウイルス感染症で死亡した患者の脳では、炎症やリンパ球の浸潤といった脳のウイルス感染症の典型的な兆候は一切認められなかったものの、約33%の患者では脳の毛細血管に巨核球と呼ばれる細胞が発見されました。


脳の毛細血管内で発見された巨核球の顕微鏡写真。
JOHONS HOPKINS MEDICINE Newsroomより。

巨核球は通常、骨髄に存在するもので、脳全体に酸素を運ぶ毛細血管のような微細な血管で巨核球を認めるということはまずあり得ないと指摘したうえで、論文の特筆者は「たとえて言うなら自宅の細い配管にフットボールが詰まっているのを見つけたようなものだ」と説明しています。

ブレインフォグとの因果関係についてはまだ不明ですが、この異常が症状解明の手掛かりとなる可能性があるとして、研究者らはなぜ脳から巨核球が発見されたのか、どのような伝達経路で脳に送られたのかを明らかにしていく方針です。

Reference:Covid-19 Story Tip: Researchers May Have Unclouded the Mystery of COVID-19 ‘Brain Fog’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。