ぶら下がっているコウモリはどのようにして排泄を行うのか?

コウモリは一日のほとんどを寝て過ごしています。コウモリが眠るときはもちろん、安全な木の枝や洞窟の天井などにぶら下がって寝るわけですが、もし排尿や排便をするときにはどのようにしているのでしょうか?

尿道口や肛門はもちろん他の動物と同じ位置にありますが、ぶら下がったままで排尿や排便を行うと――あまり想像したくないような、悲惨な状態になってしまいます。

飛びながら排尿や排便を行うとすれば話は早いのですが、排泄のたびにわざわざ飛ばなければならないのは非効率的です。さて、実際はどうなのでしょうか?

排泄をするときには「ぶら下がる」

こちらはジャワオオコウモリ(マレーオオコウモリ)というコウモリの最大種です。一匹のコウモリが何やら動き出し、かぎ爪のような親指を引っかけてぶら下がりました。

Youtube Bill Sklarより 『Bat Pees』

その直後、大勢の観客の前で”ファンサービス”を披露。突然のサプライズに大きな歓声が上がりました。コウモリはこのように、ぶら下がって排尿を行います。

Youtube Bill Sklarより 『Bat Pees』

ドヤ顔をしながらの排尿が終わると、突然目を見開き、まるで痙攣したかのようにぷるぷると体を震わせて尿を切ります。

Youtube Bill Sklarより 『Bat Pees』

一方で、排便の場合はどうなのでしょうか?

排便についても、だいたい同じような流れでした。最後に体をぷるぷると震わせる行動は、どうやら必要不可欠のようです。
ちなみに、コウモリのフンは非常に良質な肥料として知られています。

Bat flickr photo by kahunapulej shared under a Creative Commons (BY-SA) license

コウモリは1,000種類近く存在しており、生態も食性も大きく分かれているため、すべてのコウモリが全く同じ排泄をするとは限りませんが、すべてのコウモリが”大変に可愛らしい”ことは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。