クラウドファンディング開始から10分で目標達成、モスモスな日常を叶えるぬいぐるみプロジェクトが登場

犬や猫と同じようにもふもふの巨大な蛾が飼われるようになった世界――そこで、ある日偶然出会ったモスとの日常生活を描いた、大谷えいち先生作『モスのいる日常』のクラウドファンディングがスタートし、開始からわずか10分足らずで目標金額に到達する人気ぶりを見せています。

▽『モスのいる日常』はこちらで少し読むことができます!

かわいいもの好きにとって、まさに夢のような『モスのいる日常』の世界に登場するカイコ系のモスが、まさかの実物大でぬいぐるみとなるクラウドファンディングプロジェクトがスタートしました!

こちらのプロジェクトに支援するとお返し(リターン)がありますが、「モスぬいお迎えプラン」以上を選択すると、実物大のモスぬいぐるみが本当にお家にやってきます!


『モスのいる日常』ぬいぐるみプロジェクト -AMPFIRE-

このプロジェクトの反響は凄まじく、なんと4月27日午前12時の開始からわずか10分足らずで目標金額の130万円に到達し、3日経った現時点で支援者数は1890人、支援総額は目標金額の1,500%以上にもなる2,000万円を突破しました。

モスのぬいぐるみ化に関する要望はこれまで多かったものの、前例も少ないなか、さらに実物大で製作するのは非常に困難を極めたそうで、長い月日をかけてようやく公開することができたのだそう。

まだまだ日数に余裕はありますが、『モスのいる日常』のファンだけでなく、虫好きやかわいいもの好きにとっても大変ありがたいこの支援プロジェクト、ぜひともこの機会を逃さないようにしましょう!

予定としては5月下旬にクラウドファンディングが終了し、6月から量産が開始されて、10月下旬になりリターン品の発送が開始されるとのこと。

届くのがちょうど寒くなってくる季節というのが、なんとも嬉しいタイミングですね。

▽詳細はクラウドファンディングのページをご覧ください!

▽『モスのいる日常』を読んで、モスのお迎えに備えましょう!

created by Rinker
イースト・プレス
¥880 (2024/05/18 09:38:31時点 Amazon調べ-詳細)

▽『モスのいる日常』公式Twitter
https://twitter.com/ootani_eiti

▽『モスのいる日常』作者 大谷えいち先生のTwitterアカウント
https://twitter.com/eichi_illust

コメントを投稿する