数字やアルファベットなどに色が付いて見える「色字共感覚」とは?

「数字の”1”は黄色い感じがする――」
「アルファベットの”B”はなんとなく緑色っぽい――」
このように、特定の文字について何らかの色のイメージを持っている人は少なくないだろう。しかし、ごく一部の人は本当に文字に色がついて見えるという――

色字共感覚

色字共感覚(しきじきょうかんかく)と呼ばれるこの知覚現象は共感覚の一種で、全人口の1~2%の人にみられる。この色字共感覚を持つ人々は、数字やアルファベット、漢字やカタカナなどの文字に特定の色を感じるのだ。
近年まで、この色字共感覚現象は非科学的な主張だとして相手にされなかったり、幼少期によく読んでいた絵本や、よく遊んでいたおもちゃなどに書かれていた文字の色に関連付けられたものだと考えられていた。しかし、本当に文字に色がついて見えているとしか考えられないとされる例が数多く報告され、次第に受け入れられるようになった。

色字共感覚は実在するのか?

次の図をよく見てもらいたい。
色字共感覚テスト2

この図では、「5」の文字がちりばめられているのがよく分かるが、さらに「5」の文字に混ざって、「2」の文字が混ざっているのが分かるだろうか?
「5」と「2」のそれぞれの区別は簡単だが、このように集まると判断が難しくなるのだ。一体、どのくらいの「2」混ざっているのだろうか?

正解はこちらだ。
色字共感覚テスト

「2」の文字が赤色に見える色字共感覚の持ち主は、このように見えているはずだ。2がいくつあるかだけでなく、それが三角を描いていることも分かるだろう。このように、「2」によってどのような図形が作られているのかを答えさせる実験では、この図よりさらに判断が難しい複雑な図が提示されても、色字共感覚者は文字に色がついている場合と同じ正答率で答えることができたという。

さらに、研究者らは「5」が赤く見える色字共感覚者に、わずかに赤に着色した「5」を見せ、被験者が気付くまで色を濃くしていった。結局、色字共感覚者では「5」がかなり濃い赤になるまで気付かなかったが、「5」をわずかに緑にしていく場合では、すぐに色の変化に気付いた。彼らにとって「5」は赤く見えるため、赤色の変化は分かりづらく、他の色の変化にはすぐに気が付くのだ。

色字共感覚はなぜ起きるのか?

数字に色がついて見える色字感覚者では、数字を処理するための脳の領域が活性化すると、同時に色を処理するための脳の領域が活性化することが核磁気共鳴画像法(fMRI)による解析でも明らかになっている。
通常、数字を処理する脳の領域と、色を処理する脳の領域は連絡していないが、どうやら色字共感覚の人々ではこれらが結び付き、相互に活性化して処理が行われているようだ。他の共感覚現象、例えば音や味に色を感じる場合でも、同様の現象が脳内で起きているという。

色字共感覚者が感じる色は基本的に変わらない

色字共感覚における大きな特徴として、文字の色が不変であることが挙げられる。ある特定の文字に対して、何らかの色が感じられる場合、その文字を何度提示しても、色字共感覚者ではその答えが変わらないのだ。極端な例では、ひらがなやカタカナ、漢字や数字だけでなく、見たことのない外国の文字であっても、その文字に対応する色を即答することができ、何度出題しても前回の答えと全く同じ色を解答する色字共感覚者が日本で確認されている。

また、見える色は文字の「意味」や「読み方」に対応していることが多いようだ。例えば、ひらがなの「あ」と、カタカナの「ア」のように同じ意味や読み方をする場合では、同じ色になりやすいという。特に日本人における色字共感覚者では、ひらがなとカタカナの同じ文字はほぼ100%一致した色になるという。
しかしながら、もし文字の「意味」や「読み方」が変化したとしたら、文字の色はどうなってしまうのだろうか?

立教大学現代心理学部と東京大学大学院人文社会系研究科の共同研究は、これを確かめるために、漢字に対して色字共感覚を持つ人々に、新しい読み方と新しい意味を覚えてもらった。
例えば、「祖」という漢字の読みは、日本語では”ソ”であるが、中国語では”ヅゥウ(zǔ)”と発音する。また、「坊」という漢字は、日本語ではおもに「小さい子供」や「お坊さん」を意味するが、中国語ではおもに「街」を意味するのだ。

実験ではまず、色字共感覚を持つ被験者にはあらかじめ約1667万色のパレットから漢字に対応する色を選択してもらい、上記のような新しい意味や読み方を30分ほど暗記学習してもらった。その後、再び漢字の色を選んでもらい、色の変化量を数値として集計した。

その結果、新しく学習しなかった漢字には色の変化は見られなかったが、新しい読みや意味を学習した漢字では、不変とされていた文字の色が変化することが初めて明らかになった。この論文は2019年10月21日付で『Philosophical Transactions of the Royal Society B』にオンライン掲載されている。

色字共感覚をはじめとする共感覚現象は、未だによく分かっていないことが多い。ごく一部の色字共感覚者では、文字に色だけでなく、触感や風景、味や匂いを感じたり、まるで人であるかのように、文字に対応した性格や感情を持っていると感じるという。

『ぼくには数字が風景に見える』の著者であり、有名なサヴァン症候群の人物であるダニエル・タメットは、1から10,000までの数字にはそれぞれ形や色、手触り、感情があり、計算せずに素数を見抜いたり、暗算が難しい計算でもそれぞれの数が作り出す形の組み合わせによって、瞬時に行うことができるという。
もしかしたら、今後の研究によって、私たちの知られざる脳の可能性が明らかになるかもしれない。