夫の飲み水に目薬を混ぜて殺害、映画からアイデアを得る――アメリカ・サウスカロライナ

目薬で殺害

アメリカのサウスカロライナ州で1月16日、夫の飲み水に薬物を混ぜて殺害した女性の裁判が行われ、25年の禁固刑が言い渡されることになった。女性が混ぜた薬物はなんと「目薬」だ。

2018年の7月頃、理学療法の会社を経営していたスティーブ・クレイトン氏(Steve Clayton)は自宅の階段から落ちて、その後死亡が確認された。不審な様子も特になかったために、事件性はないと考えられていたが、検視の薬物検査ではテトラヒドロゾリンが検出されたのだ。これは目薬に含まれる成分である。

検出されたテトラヒドロゾリンとは?

一般名では塩酸テトロヒドロゾリンとして知られており、血管を収縮させる働きがあるため、目の充血を抑えるために目薬や、鼻粘膜の腫れを抑えて鼻づまりを解消するために点鼻薬に使われている。

目や鼻など、局所的に使用することによって効果を発揮するテトラヒドロゾリンであるが、多量に摂取すると血管の収縮により血圧が上昇するため心悸亢進や不整脈などを引き起こし、さらには神経に作用して頭痛やめまい、吐き気、脱力感、重症になると昏睡状態になることもあるのだ。

捜査当局は8年前に結婚していた妻のラナ・クレイトン氏(Lana Clayton)を、スティーブン氏が死亡した翌月に殺人容疑で逮捕した。のちに彼女は目薬を飲み水に入れたことを認めたが、事情聴取で驚くべきことが明らかとなった。飲み水に目薬を入れるアイデアは映画を参考にしていたというのだ。

目薬を混ぜるアイデアは映画作品から

どの映画を元にしているかは明らかにされていないが、2005年に制作されたロマンチック・コメディ映画『ウェディング・クラッシャーズ(Wedding Crashers)』では、登場人物が飲み水に目薬を入れ、相手を体調不良にさせて退席させるというシーンがあり、過去にも似たような事件が後を断たないという。しかし、この作品では体調不良だけにとどまっており、死亡には至っていない。

ラナ・クレイトン氏は日頃から家庭内暴力を受けており、目薬を混入させて体調不良にすれば暴行が収まると考えた”故意の殺人”であったと主張した。しかし、元看護士であった彼女ならば、目薬の成分が高齢の夫に対してどのような作用を引き起こすか容易に想像できただろう。さらに彼女は、事件直前に夫が所有する電話を捨てて、助けを呼べない状態にしていたという。

捜査当局はさらに殺人の動機についても証拠を掴んでいた。彼女はなんと夫の遺言状も処分しており、遺産をすべて自分が相続できるようにしていたのだ。これで、少なくとも時価総額8,900万円にもなる邸宅を手に入れることができただろう。最終的にラナ・クレイトン氏は計画的殺人による有罪で、25年の禁固刑が言い渡されることとなった。

目薬の誤飲にも注意

目薬には、今回の事件で検出されたテトラヒドロゾリンだけでなく、ナファゾリンやキシロメタゾリンといった血管を収縮させる働きを持つイミダゾリン誘導体の有効成分がよく配合される。特に小さい子どもは何でも口にしてしまうため、手の届くような場所に置くようなことがあってはならない。死亡例はほとんど報告されていないが、子どもでは数滴でも症状が現れやすい。認知能力が低下した高齢者でも同様に注意する必要があるだろう。参考記事:入れ歯をつけたまま手術を受けた男性に起きた悲劇、短期間で4回の手術

そして、くれぐれも悪用しないように。本稿の内容がフィクションの世界以外で役に立たないことを祈る。