ギリシャ神話の怪物に由来する、無数の触手を持つ深海生物「テヅルモヅル」とは?

2017年5月10日


Basket star flickr photo by Derek Keats shared under a Creative Commons (BY) license

テヅルモヅルは世界中の浅海から深海に生息する棘皮(きょくひ)動物で、いわゆるクモヒトデの仲間だ。腕の本数は5本であるが,多くの種では腕が複雑に分岐しており、サメハダテヅルモヅルでは数十回も分岐してまるで絡まった毛糸玉のように見えるが、その一方で全く分岐しないキヌガサモヅルのような種も存在する。


basket star (RAS NOAA RUSALCA 2009) flickr photo by NOAA Pacific Marine Environmental Laboratory shared under a Creative Commons (BY) license

代表種であるオキノテヅルモヅルの属名にある「Gorgonocephalus」がギリシャ神話に登場する頭髪が蛇の怪物「ゴーゴン」を意味するように、無数に分岐した腕はうねうねと動いて海底を移動したり、エサを集めるのに役立つ。


expl0329 flickr photo by NOAA Photo Library shared under a Creative Commons (BY) license

エサとなるのは小さなプランクトンや死骸、排泄物などが集まったデトリタスおよびマリンスノーなどの懸濁物であり、細かく枝分かれした触手や粘液によって捕えて触手または絨毛突起の流れによって口まで運んで食べる。


Basket star on red gorgonian flickr photo by Derek Keats shared under a Creative Commons (BY) license

地引き網などにかかることがあり、触手と網が複雑に絡み合って除去するのが大変なので漁業を営む者にとっては厄介者扱いされる。研究者にとってはサンプルの入手が困難であり、世界的な研究者数も少ないため分類や研究があまり進んでいないという。

あなたにおすすめの記事
ハダカデバネズミの驚異の生態と能力とは?
世界最強の生物「クマムシ伝説」の裏側を探る
神秘的な光を放つ「ホタルイカ」
「テフロン」は4次元の超立体構造を持つ?

生物カテゴリの最新記事