自然災害

地震発生時の正確なマグニチュード予測は不可能?東京大学の研究

緊急地震速報は最初の揺れから震源地やマグニチュードを解析して発信する仕組みだが、東京大学の研究によってマグニチュードに大きな差があるにも関わらず、最初の揺れがよく似た地震が多く存在することが明らかになった。緊急地震速報には限界があり、マグニチュードの即時推定は不可能なことなのかもしれない。

       

まるで世界の終わり、大きな被害をもたらすこともある「乳房雲」 (ギャラリー)

まるで世界の終わり、大きな被害をもたらすこともある「乳房雲」 2019年3月3日 *Interlude* Strange cloud formation flickr photo by Michel Filion shared under a Creative Commons (BY) license こんな光景を見たら、誰もが不安に感じるに違いない。乳房雲と呼ばれるこの雲は強い下降気流や乱気流に […]

       

気象を操る――人工降雨技術と気象兵器

気象を操る――人工降雨技術と気象兵器 2018年10月20日 Purple Rain flickr photo by mripp shared under a Creative Commons (BY) license 人の力で気象を操る――昔では考えられなかった、まさしく神のような力を人類は科学によって手中に収めつつある。 実際に、北京オリンピック開会式は雨の予報であったが、晴天となるように中国 […]