生活習慣

砂糖入り飲料とがんの発症リスクの関連性が明らかになる

砂糖入り飲料とがんの発症リスクの関連性が明らかになる 2019年7月16日 本格的な夏を迎えると、暑い日には炭酸飲料や果物飲料、スポーツドリンクなどの清涼飲料を飲みたくなるが、こうした糖分の摂り過ぎには注意が必要だ。糖分を多く含む清涼飲料水の摂取は肥満に大きく関係しており、さらに肥満は様々な病気の発症に大きな影響を与えている。意外に思われる方がいるかもしれないが、「がん」もその一つだ。世界がん研究 […]

       

便意を我慢するために有効な対処法とは?

便意を我慢するために有効な対処法とは? 2018年6月13日 授業中や会議、電車の中、高速道路の運転中・・・腹痛がひどくなっても我慢せざるを得ないという状況は誰しもが経験したことがあるだろう。ストレス社会、そして現代の食生活とも相まってほぼ毎日腹痛に悩んでいるという方もいるかもしれない。本来、便意を我慢することはあまり良くないが、どうしても我慢せざるを得ないときに実践できる科学的に有効な対処法とは […]

       

寝る前にお酒を飲む「寝酒」をするとよく眠れるのか?

寝る前にお酒を飲む「寝酒」をするとよく眠れるのか? 2017年12月12日 Whisky Vodka flickr photo by NJKean shared under a Creative Commons (BY) license ストレスを抱えることが多い現代、不眠のためお酒に頼って眠るような、いわゆる「寝酒」をしている人は少なくない。日本のある研究報告によれば週に1回以上寝酒をする女性は […]

       

国立がん研究センターが推奨する、がんを防ぐための生活習慣とは?

国立がん研究センターが推奨する、がんを防ぐための生活習慣とは? 2017年11月27日 生涯でがんと診断される割合はおよそ3人に1人といわれている。ハダカデバネズミなどの例外を除いて、あらゆる動物は高齢になるにつれ、免疫機能や代謝機能の低下に伴ってがんを患ってしまう。動物として生きる以上、がんになってしまうのは仕方のないことかもしれない。それでも、ガンを患うことなく天寿を全うしたいと誰もが思うはず […]

       

バッテリーの劣化を早めてしまう4つの習慣

バッテリーの劣化を早めてしまう4つの習慣 2017年8月1日 smartphone flickr photo by Sole Treadmill shared under a Creative Commons (BY) license スマホや携帯ゲーム機などのバッテリーは使用するにつれ次第に劣化し、充電できる容量が少しずつ低下していくが、バッテリーの劣化を早めてしまうような習慣を続けていると寿命 […]

       

口臭の原因と改善方法とは?

口臭の原因と改善方法とは? 2016年9月22日 flickr photo shared by tsmall under a Creative Commons ( BY-SA ) license 日本人で口臭が気になる人の割合は実に8割近くにもなる。口臭の原因にはどのようなものがあるのか? まずは口腔環境だ。口腔内には500種類以上の細菌が存在している。このうち,嫌気性細菌が口腔内に残存した食物の […]

       

血圧を下げる5つの方法

血圧を下げる5つの方法 2016年3月21日 高血圧には自覚症状が無いうえに,高血圧が原因で起きる病気には命に直接関わる病気が多い。これが「サイレント・キラー」 と呼ばれる理由である。高血圧は生活習慣に大きく関わっており、その一つ一つを意識して改善していく事で確実に血圧を下げる事ができる。 1. 禁煙する。 まず喫煙をされている方は,禁煙される事を強くお勧めする。タバコの煙に含まれている一酸化炭素 […]

       

ロコモティブシンドロームに陥るメカニズムとは?

ロコモティブシンドロームに陥るメカニズムとは? 2016年3月2日 前回の記事「ロコモティブシンドロームとは?」で紹介した通り、超高齢化社会を迎えた日本は現在、約4人に1人が65歳以上の高齢者であり、世界で最も高齢者の割合が高い国である。そんな日本が現在問題となっているのは高齢化に伴う要介護者の増加である。要介護認定者数は既に600万人を超え、介護者の身体的,精神的,経済的な負担は大きく、介護者の […]

       

健康寿命に大きく影響する「ロコモティブシンドローム」とは?

健康寿命に大きく影響する「ロコモティブシンドローム」とは? 2016年2月26日 日本は現在、高齢化社会の域を超えて超高齢化社会と呼ばれるほど高齢化が進んでおり、65歳以上の高齢者は総務省の発表によると2015年9月時点で26.7%で人口の約4人に1人の割合となっている。 そんな中、現在注目されているのがロコモティブシンドロームである。最近になり一般に広く浸透し、「ロコモ」という略称で呼ばれること […]