天体

最大推定130mの小惑星が地球近くを通過していたことが判明

最大推定130mの小惑星が地球近くを通過していたことが判明 2019年7月24日、ブラジルのソニア天文台で発見された小惑星が、数時間後に地球のすぐ近くを通過するという出来事があった。発見された小惑星「2019 OK」は推定57m~130mで、地球から約7万2,400kmの距離を通過した。これは、地球と月との平均距離(約38万4,400km)の5分の1に相当する距離だ。天文学者からみても、この距離は […]

       

惑星の重力を利用する航法「スイングバイ」

惑星の重力を利用する航法「スイングバイ」 2016年5月29日 flickr photo shared by Kevin M. Gill under a Creative Commons ( BY-SA ) license 1977年に打ち上げられたボイジャー2号は打ち上げられた速度では太陽から約7億7850km離れた木星までしか到達できない計算だが,2016年5月時点でボイジャー2号は太陽からの […]