2020年の世界と日本の大学ランキングが発表される、1位の大学は?

2020年3月28日

Todai Yasuda Kodo
Todai Yasuda Kodo flickr photo by Mayfan shared under a Creative Commons (BY) license

イギリスの教育専門誌『Times Higher Education』は今年3月24日、日本における大学の教育力をランキングにした「THE 世界大学ランキング日本版 2020」を発表した。今回のランキングでは東北大学が初めて1位となった。

このランキングは2004年から世界大学ランキングを発表しており、日本版はベネッセグループの協力で2017年から発表しており、今回で4回目だ。世界版ランキングでは”研究力”を中心に評価が行われているが、日本語版では”教育力”、具体的には「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で評価を行う。2019年のランキング対象校は213校であったが、今回は65校増えて278校となっている。

2017年から2020年までの上位3校は以下の通りだ。今年の発表(2020年)は10位まで掲載する。

2017年
1位 東京大学
2位 東北大学
3位 京都大学

2018年
1位 京都大学
2位 東京大学
3位 東北大学

2019年
1位 京都大学
2位 東京大学
3位 東北大学

2020年
1位 東北大学
2位 京都大学
3位 東京大学・東京工業大学
5位 九州大学
6位 北海道大学
7位 名古屋大学
8位 大阪大学
9位 筑波大学
10位 国際教養大学

2017年から2018年まで、上位3校は常に東京大学,京都大学,東北大学がランクインしている。2018年と2019年では順位の変動はなかったが、今回は東北大学が3位から上昇して1位に輝いた。また、今回は3位に東京大学と並んで東京工業大学が7位から一気に3位へとランクインを果たしている。

総合ポイントで見ると、東京大学・東京工業大学が81.2ポイント、京都大学が81.5ポイントで、東北大学が83.0ポイントと、コンマ数ポイントの接戦のなかで東北大学は他3校を引き離している。

世界ランキングではオックスフォード大学が1位、カリフォルニア工科大学が2位、ケンブリッジ大学が3位となっている。世界ランキング上位10校は以下の通り。

1位 オックスフォード大学(イギリス)
2位 カリフォルニア工科大学(アメリカ)
3位 ケンブリッジ大学(イギリス)
4位 スタンフォード大学(アメリカ)
5位 マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
6位 プリンストン大学(アメリカ)
7位 ハーバード大学(アメリカ)
8位 イェール大学(アメリカ)
9位 シカゴ大学(アメリカ)
10位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)

1位から10位まで、アメリカとイギリスの名門校がランクインしている。日本は東京大学がキングス・カレッジ・ロンドンと並んで36位、京都大学が65位にそれぞれランクインしていた。

日本の詳しいランキングは以下より。あなたの地元にある大学、出身大学は何位にランクインしていただろうか?

世界大学ランキングは以下より。

あなたにおすすめの記事




歴史・文化カテゴリの最新記事