生後12か月にしてあらゆる農作業をこなす天才牧羊犬、「世界で最も高価な牧羊犬」として世界記録に認定――ギネスワールドレコーズ

イギリスのとあるボーダーコリーがこのほど、「世界で最も高価な牧羊犬」として世界記録に認定されたとギネスワールドレコーズが報じました。

ボーダーコリーはイギリス原産の牧羊犬種であり、高い知能と運動能力を兼ね備えています。

参考記事
車にひかれそうなチワワを間一髪で救出するボーダーコリー(動画)

なかでもイギリス・ウェールズ北西部の町ドルゲラウにいるボーダーコリーのキム(kim)くんは、生後12か月にして牛や羊などの誘導・見張りをはじめ、あらゆる農場の仕事を習得している天才犬であり、このほど開かれたオンラインオークションでは3万8800ポンド(約420万円)という最高額で落札されました。


Record for the world’s most expensive sheepdog confirmed

キムくんを訓練したという農家のデウィ・ジェンキンス氏は、「キムは生後12か月ながらも既に3歳の牧羊犬に相当する能力と経験を有しており、どんな試練や農作業にも準備ができている」と語っています。

これまでの最高額は2020年10月にオンラインオークションで£20,000(約300万円)で落札されたイギリス・ウェールズ中部の町ブレコンのヘナちゃんで、今回は日本円にして100万円以上も記録を更新しました。

これからはその高い能力を存分に発揮して幸せな一生を送ってほしいものです。ちなみに、「世界最悪の牧羊犬」と言われている犬がこちら。
羊を追い回すはずが、逆に羊に追い回される駆け出し牧羊犬(動画)

Reference:Record for the world’s most expensive sheepdog confirmed