頭部に微弱な電気刺激を与え、利き手をわずかに変化させることに成功――早稲田大学

早稲田大学の研究者らは、頭部に微弱な電気刺激を与えることで利き手を一時的に”わずかに”変化させることに成功しました。

私たちは大抵の場合、右側に置いてあるものは右手を使い、左側に置いてあるものは左手を使います。では、正面に置いてあるものはどうでしょうか?

実験によると、私たちはその時々で右手も左手も使いますが、右利きの人は右手、左利きの人は左手で取る確率が高くなっています。

右手と左手を半々の確率で使うラインを調べてみると、下の図のように右利きの人では右手の担当エリアが広く、左手の担当エリアが狭くなっています。


早稲田大学のプレスリリースより

これまでの研究により、左側の後頭頂葉に磁気刺激によりノイズを与えると右手の選択が妨害されることが知られていました。

これは、対象者が「右手ではなく左手を使う確率が高くなる」ことを意味しますが、この効果は磁気刺激を与えたときの瞬間的なものにすぎませんでした。

早稲田大学人間科学学術院の研究チームは経頭蓋直流電気刺激(tDCS)という、頭表から微弱電流を与え、刺激された脳部位の神経活動を数時間程度のあいだ高めたり弱めたりできる方法を使って、この瞬間的な効果を持続させられるのではないかと考えました。

研究者らはこのtDCSを使い、実験参加者に「左側の後頭頂葉の活動を弱め、右側の後頭頂葉の活動を高める」刺激と「右側の後頭頂葉の活動を弱め、左側の後頭頂葉の活動を高める」刺激の2種類を使って、参加者らの右手の担当エリアと左手の担当エリアがどのように変化するかを確かめました。

その結果、「左側の後頭頂葉の活動を弱め、右側の後頭頂葉の活動を高める」刺激を与えた場合のみ、しばらくのあいだ左手担当エリアが広がることを確認しました。つまり、右利きの人実験参加者をわずかに”左利き”にすることに成功したのです。



最も変化した実験参加者の場合。赤線は、右手と左手を半々の確率で使うラインを表しています。
早稲田大学のプレスリリースより

興味深いことに、「右側の後頭頂葉の活動を弱め、左側の後頭頂葉の活動を高める」刺激では逆の結果、すなわち左利きの人をわずかに”右利き”にすることはできませんでした。どうやら左右の後頭頂葉は非対称的に関係しているようです。

リハビリ治療への応用も

脳卒中などにより片側の手が麻痺した場合、麻痺した手を積極的に動かさなければなりませんが、動作に問題のない健康なほうの手を使用してしまう場合が多く、麻痺がさらに悪化してしまうことがあります。

頭頂葉だけでなくさらに広範囲の脳を調べて、両方の手の使用頻度を変化させることができれば、脳卒中などで片側麻痺が残った患者に特定の手だけを使わせて、リハビリ治療を効率よく進めることができるかもしれません。

Reference:リハビリの新たなカタチを提案 人の脳に特殊な刺激を与えることで左手を集中的に使用させることに成功 脳卒中等による片麻痺患者のリハビリテーションへの寄与に期待 -早稲田大学-

あなたにおすすめの記事
外科医の誕生日に緊急手術を受けた患者の死亡率は通常の1.2倍――慶応義塾大学らの研究チーム 膨大な数の「人の顔」を記憶し、これまで2,000人以上もの容疑者を発見したイギリスの警官が話題に――BBC コーヒーをよく飲んでいる人ほど眼圧が低い――京都大学 嫌な動画を毎日10分見続けたマウスは抑うつ症状が現れる、国立精神・神経医療研究センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。