治療を終えたチンパンジー、保護チームと最後のお別れ(動画)

2013年、コンゴ共和国の保護施設で治療を終えたチンパンジー「wounda」が、霊長類学者ジェーン・グドール博士らの保護チームと最後の時間を過ごします。

あなたにおすすめの記事
バリ島ウルワツ寺院周辺のサルは貴重品を強奪し、身代金としてエサを要求する――レスブリッジ大学、ウダヤナ大学 リズムに乗るチンパンジーチンパンジーもリズムに”乗る”、京都大学の研究 サルたちに好きな音を選ばせる実験、最も人気だったのは「交通騒音」――アールト大学 テングザルは強いオスほど牙が小さいことが明らかになる、中部大学・京都大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。