立ち上がると2m以上にもなる世界一背の高い犬「フレディ」が亡くなる――ギネス・ワールド・レコーズ

このほど、ギネス・ワールド・レコーズで「世界一背の高い犬」に認定されていたグレートデンの「フレディ」が亡くなったと、飼い主のクレア・ストーンマンさんがインスタグラムで報告しました。


Freddy, the world’s tallest dog, dies aged 8 -GUINNESS WORLD RECORDS-

このフレディはイングランド・エセックス州に住むクレア・ストーンマン氏の飼い犬で、ギネス・ワールド・レコーズによると体高(地面から背中までの高さ)は103.5cm、後ろ足で立ち上がると2m26cm(ギネス非公式)もあったといいます。

アメリカンケネルクラブによるとグレートデンの寿命は8~10年ほどとされており、8歳で亡くなったフレディは天寿を全うしたようです。

かつてフレディは兄弟のなかで一番小さく、母犬から母乳をもらうことさえできなかったため、クレア・ストーンマンさんは数週間早くに引き取ったそう。

ギネス・ワールド・レコーズの取材に対して「涙が止まらない」と語るクレア・ストーンマンさん。”フレディは私の人生そのものでした”――

クレア・ストーンマンさんのInstagramやFacebookには多くのファンが集まり、追悼コメントが寄せられました。

エピネシス・コラムズ
ギネス・ワールドレコーズによると、記録史上最も背の高い犬はアメリカ・ミシガン州オトセゴのグレートデン「ゼウス」で、体高はなんと111.8cmもありました。これは平均的なロバとほぼ同じです。

reference:
Freddy, the world’s tallest dog, dies aged 8 -GUINNESS WORLD RECORDS-

Freddy the Great Dane, the tallest dog in the world, has died -CNN-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。