約114日間隔で繰り返し増光現象が発生する銀河、その理由とは?――ハワイ大学

2014年11月14日、超新星全天自動サーベイ(ASAS-SN)により、がか座(画架座)方向にある約5億7,000万光年離れた銀河「ESO 253-3」で、急激な増光現象「ASASSN-14ko」がとらえられました。

この増光現象「ASASSN-14ko」は当初、超新星爆発であると考えられていましたが、ハワイ大学の研究者らは長期の観測データから繰り返し起きていることを確認しました。この増光現象はなんと6年間で17回、約114日間隔で繰り返し起きていたといいます。

研究チームはこの増光周期から、2020年の5月17日、9月7日、12月20日にそれぞれ増光すると予測し、見事的中させることに成功。同時に、地上のさまざまな観測施設や観測衛星を使って詳細な観測を行うことでその謎を明らかにしました。

なぜ規則正しく周期的に増光するのか?

研究者らは、この周期的な増光現象は恒星の部分的な「潮汐崩壊現象」によるものと考えています。


Youtube NASA Goddard 『Swift, TESS Catch Eruptions From an Active Galaxy』

どうやら銀河「ESO253-3」の中心には太陽質量の約7,800万倍もの超大質量ブラックホールがあり、約114日周期の楕円軌道で周回して近づいてくる恒星のガスを定期的にはぎ取っているようです。


Youtube NASA Goddard 『Swift, TESS Catch Eruptions From an Active Galaxy』

計算によると、なんと1回につき木星3個分の質量がブラックホールにより奪われているといいます。このとき引き込まれたガスが、ブラックホールの降着円盤に衝突することで急激な増光現象が起きているようです。

次の増光は今年4月13日頃であると予測されています。
恒星の質量は分かっておらず、この増光現象がいつまで起きるのかは明らかになっていませんが、研究者らは今後も増光周期を予測したうえで、さらに詳細な観測を行っていく方針です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。