全身真っ白なアルビノのパンダを1年ぶりに再確認――四川省・臥龍自然保護区

2019年に中国・四川省の臥龍自然保護区で確認された真っ白なパンダが2020年に再発見され、このほど管理当局によって映像が公開されました。

この真っ白なパンダは2019年4月に中国南西部の臥龍自然保護区で初めて確認されていたもので、メラニン色素の合成に関わる遺伝子異常により白くなったアルビノ個体であるとされています。

▽2019年当時の同個体の写真。1~2歳程度と推定されていました。

CCTV『Rare all-white panda spotted in China』より

真っ白なパンダはその後行方が分からなくなっていましたが、30人以上の研究者らが調査を行った末、去年2020年の2月に2度撮影に成功しました。そしてこのほど、管理当局によってその映像が公開されました。


People’s Daily, China 人民日报『Video of the world’s one and only all-white panda bear is released』

このパンダは最初に確認されたよりも体がかなり大きくなっており、当時は全身真っ白でしたが、現在は四肢に淡い金色が目立つようになりました。推定年齢は現在3歳前後とされています。

野生生物におけるアルビノ個体は目立ちやすく、また視力も悪いことから天敵に狙われやすい傾向にありますが、パンダに限っては竹林のなかで目立ちやすいことに変わりはないようです。