アメリカでPCR検査キットの自動販売機が登場、カリフォルニア大学サンディエゴ校

アメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校では、学生が各自で新型コロナウイルスのPCR検査を行えるように検査キットの自動販売機が設置されました。

学生らは持っている学生証を自動販売機に通すことで、無料でPCR検査キットを入手することができます。

学生らは各自で検査キットを使って鼻腔をぬぐい、手持ちの端末で個人の情報を登録してから回収ボックスに入れます。結果は12~24時間以内に確認できるそうです。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の構内で暮らす1万人の学生は、少なくとも週に1度は検査することが義務付けられており、大学側は軽症・無症状などに関わらず、陽性結果が出た学生のために600床の宿泊療養施設を用意しているといいます。

同校は今月中にさらに9台が追加し、感染拡大防止を徹底して進める方針です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。