新型コロナウイルスに感染した猫は無症状でも肺に長期的なダメージが残る――東京大学

新型コロナウイルスに感染したネコは無症状であるにも関わらず肺の炎症による長期的なダメージがみられることが東京大学の研究者によって明らかになりました。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう現在、ヒトのみならず飼いネコやイヌ、ミンクなどで新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染例が報告されていますが、これらの長期的な影響についてはまだよく分かっていません。

関連記事
ミンクからヒトへの感染疑いオランダの毛皮農場で動物からヒトへ感染した可能性、新型コロナウイルス感染症

東京大学医科学研究所の研究者らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した猫について感染から3日後、6日後、10日後にそれぞれ呼吸器を含めた全身の臓器におけるウイルスの検出を試みました。

その結果、ネコでは6日目まで鼻や気管などの上部呼吸器でウイルスの増殖が見られました。これは、ネコ個体間で効率よく感染症が効率よく伝播する事実と一致しています。

しかし一方で、下部呼吸器である肺においては3日目に肺の限られた部分から検出されただけでした。

どうやら、ネコでは肺におけるウイルス増殖はほとんど起きておらず、速やかに排除されているようです。また、消化器や心臓、脳などではウイルスは検出されませんでした。

無症状でも肺にはダメージが確認された

今回の研究で用いられたネコはいずれも発熱や体重減少、咳やくしゃみなどの呼吸器症状がみられない”無症状”でしたが、ネコの肺を病理解析したところ、なんとウイルスが肺から検出されなかった個体においても炎症が観察されました。

さらにこの炎症は感染から4週間後の病理解析でも確認されており、慢性化した炎症が長期に渡って残存していることが明らかになりました。特に肺の炎症が特に強いネコでは、ヒトにおける新型コロナウイルス感染症の重症患者と同等のダメージがみられたといいます。

肺からウイルスが検出されなかったことからも、この炎症はウイルスの増殖が要因ではなく、どうやら炎症性サイトカインといった間接的な要因により組織が炎症ダメージを受けていることが考えられます。

研究者らは、たとえ無症状であっても呼吸器にダメージを負う可能性があることから、飼い猫についてもヒトと同様に感染させないよう注意して飼育する必要がある、とコメントしています。

あなたにおすすめの記事
新型コロナウイルスは犬や猫にも感染する新型コロナウイルスは犬や猫にも感染するのか? マスクを着用するだけで新型コロナウイルス感染症を軽症化できる可能性、カリフォルニア大学 アメリカ・フロリダ州で飼い猫が「双頭のヘビ」を家に持ち帰る、研究者らが保護 猫が毒ヘビに噛まれたときの生存率は犬の2倍猫が毒ヘビに噛まれたときの生存率は犬の2倍、クイーンズランド大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。