住友林業と京都大学が共同で世界初となる木造人工衛星を2023年に打ち上げ

住友林業株式会社と京都大学は、2023年に世界初となる木造人工衛星の打ち上げを目指すと発表しました。

京都大学と住友林業は、再生可能な資源である木材を宇宙で活用し、人類の持続的な発展に貢献することを目標に研究契約を締結。宇宙環境における樹木育成や木材利用について研究を行う「宇宙木材プロジェクト」の一環として、2023年に木造人工衛星「LignoSat(リグノサット)」を打ち上げると発表しました。

京都大学と住友林業の合同研究チームは、世界初となる木造人工衛星の開発や運用を通して、宇宙における木材利用について検証する方針です。

世界初の木造人工衛星「LignoSat」

LignoSatは木製のキューブに基盤と太陽光パネルなどから構成されています。宇宙では水分やバクテリアなどが存在しないため腐る心配はなく、さらに木材は電波を通しやすいので、アンテナや姿勢制御装置を衛星内部に組み込むことができ、機体の構造をより簡素化することができるといいます。

また、通常の金属製人工衛星では大気圏突入時にアルミナ粒子という微小物質が生成され、数十年から数百年以上に渡って大気圏に浮遊し、地球環境に悪影響を及ぼすことが懸念されていますが、木造人工衛星は大気圏突入時に機体が燃え尽きるため、このアルミナ粒子の発生を最大限まで抑制することができるそうです。

合同研究チームは、2023年にこの木造人工衛星「LignoSat」を打ち上げ、2024年3月31日まで宇宙環境下での木材物性評価や樹木育成研究を行う方針です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。