母親の子宮頸がんが子どもの肺に移る現象が確認される――国立がん研究センター

国立研究開発法人国立がん研究センターの研究者らは母親の子宮頚がんが子どもに移行する現象を確認し、研究成果がこのほど国際学術誌『The New England Journal of Medicine』に掲載されました。

国立がん研究センターをはじめとする研究チームらは、日本人のがんで多く変異がみられる遺伝子114個について調べる「NCCオンコパネル検査」の有用性を検証する研究の一環で、小児がん患者の肺がんの遺伝子解析を行っていたところ、男児2例において患者本人のものではない遺伝子配列を検出しました。

通常、このような他人由来の遺伝子が検出された場合には検査の過程で誤って他人の細胞が混じってしまった可能性を疑いますが、2例とも母親がともに子宮頚がんを発症していたことから研究者らがさらに詳しく調べたところ、いずれの例でも母親由来の遺伝情報が肺のがん細胞から確認されました。

さらに、この肺がん細胞には、本来ならば男性の細胞に存在するはずのY染色体が確認されませんでした。

研究者らは、出産直後に赤ちゃんが泣いたときに子宮頸がんのがん細胞が混じった羊水を肺に吸い込み、がん細胞が子どもの肺に移行したものと考えています。



国立がん研究センターのプレスリリースより

母親のがん細胞が子どもに移行するものには、これまでに胎盤を通じて移行する皮膚がんが知られていますが、子宮頸がんはほとんどがHPVワクチン接種により予防可能であるため、国立がん研究センターは「子どもの健康のためにも母親の子宮頸がん予防は重要である」と説明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。