人工物の総重量がはじめて生物の総重量を上回る――イスラエル・ウェイツマン研究所

イスラエル・ウェイツマン研究所の研究者らは、これまでに発表された複数のデータを解析したところ、人工物の総重量が生物の総重量を上回ったとする研究成果を発表しました。

現在、樹木やキノコ、プランクトンといった地球上に存在する生物の総重量は、人類黎明期では2兆トンほどもあったとされていますが、現在では約1兆1,000億トンにまで半減しました。

一方で、服のボタンから高層ビルまでのあらゆる人工物の総重量は指数関数的に増大しており、20世紀初頭には人工物の総重量は350億トン、生物の総重量のわずか3%に過ぎませんでしたが、第二次世界大戦後には製造業が飛躍的に成長し、2020年で生物の総重量、つまり1兆1,000億トンを上回ったとみられています。

現在、人工物は年間300億トンずつ蓄積されているといいます。これは全人類が毎週、自らの体重以上のものを製造している計算で、現在の伸び率・傾向が続けば2040年までに約3兆トンとなり、これからの20年で生物の総重量の3倍に達すると予測されています。

人工物のほとんどを占めているのは建築物や道路であり、研究者らは1950年代半ばでレンガではなくコンクリートが利用されるといった建設資材の傾向変化が、総重量加速を進めた大きな要因であるとみています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。