長距離走選手は腸内環境が変化、ランナーがお腹を壊しやすい理由が明らかになる――摂南大学

日常的に長時間、高いレベルで運動に取り組む長距離ランナーは運動後に下痢などの消化器症状を起こしやすいことが知られていますが、摂南大学、京都府立大学、京都府立医科大学、日本体育大学、栄養・病理学研究所らの共同研究チームはこのほど、長距離ランナーでは腸内細菌に変化が生じており、腸の不調が引き起こされやすくなっていることを明らかにしました。

研究チームは、ランナーではない一般女性14人と、長距離ランナー選手である15人の腸内環境の比較を行いました。その結果、女性長距離ランナーは一般女性と比べ、下痢の原因となるコハク酸の便中濃度と、腸内環境によってはコハク酸を産生することがあるフィーカリバクテリウム属細菌の比率が高いことが明らかになりました。

また、女性長距離ランナーでは腸の炎症との関連が報告されているヘモフィルス属、ロチア属、ムシスピリラム属細菌の比率が高いことが示されました。どうやら、長距離ランナー選手では日常的な長時間・高強度の運動によって腸内の環境が変化し、コハク酸やインドールなどの代謝産物が増加、結果として腸の不調を引き起こすようです。

今回明らかになった腸内細菌の変化と代謝物、および腸の不調の関係についてさらに研究が進めば、アスリートの体調管理に役立つことが期待されます。ランニングによる腸活動の活発化や、競技における身体的・精神的ストレスから誘発される下痢もありますが、腸内環境を整えることも効果的な対策の一つとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。