酸性・アルカリ性にした消毒用アルコールはノロウイルスに有効、 大阪大学微生物病研究所

これまで、ノロウイルスにアルコール消毒液は効果がないとされてきました。これは、ノロウイルスではなく、ノロウイルスに似たネコカリシウイルスの実験結果によるものです。

ノロウイルスはこれまで、人工的に増殖させることができなかったため、ネコカリシウイルスのように性質が似たウイルスで試すしかありませんでした。

その後、マウスに感染するマウスノロウイルスではアルコールが”やや有効”であることが確認され、酸性にした消毒用アルコールでは特に効果的であることから、近年ではノロウイルスに効く酸性のアルコール消毒液も販売されています。

しかし、これはマウスノロウイルスの実験結果によるもので、実際にヒトのノロウイルスで検証したものではありません。

マウスノロウイルスはヒトに感染するノロウイルスとは異なり、下痢症状などを示さないため、ヒトノロウイルスと性質が大きく異なる可能性が指摘されていました。本当にヒトのノロウイルスにもこうした消毒用アルコールは有効なのでしょうか?

そこで、大阪大学微生物病研究所の研究チームはヒトiPS細胞を利用して、ノロウイルスが増殖するために必要なヒトの腸管上皮細胞を作り、ノロウイルスを人工増殖させる方法を確立したうえで、ノロウイルスに有効なさまざまな方法を検証しました。

その結果、約200万個のノロウイルスを含む溶液に対して、アルカリ性にした消毒用アルコールか、酸性にした3~9倍の容量の消毒用アルコールであれば、30秒の処理でヒトのノロウイルスをほぼ完全に失活させることができることが明らかになりました。

消毒用アルコールのアルカリ性・酸性の調整はクエン酸や重曹だけでも行うことができるため、一般にノロウイルスの消毒に用いられる次亜塩素酸ナトリウムとは異なり、手指の消毒にも使えるといいます。

また、例年の最流行型であるGGII/4という遺伝子型のノロウイルスでは、通常のアルコール処理でも完全に失活できることが明らかになりました。

ノロウイルスに効果のない消毒液も

酸性にしたアルコール消毒液が、マウスノロウイルスに効果的であることは明らかになっていたため、現在ではさまざまな企業から「ノロウイルスに効く」という酸性の消毒液が販売されています。

研究グループが、これらの商品がヒトのノロウイルスにも本当に効果があるのかどうかを検証したところ、なんと日本国内で販売されている4種類のノロウイルス対策用消毒アルコールのうち、2種類についてはほとんど効果が無いことが明らかになりました。

興味深いことに、これら4種類の消毒用アルコールは濃度やpHがほとんど同じでした。にも関わらず2種類の消毒用アルコールに効果がみられなかったことについて、研究グループは消毒用アルコールに含まれている添加物が、何らかの影響を与えて消毒効果を阻害しているものと考えています。

一部のノロウイルスでは通常の消毒用アルコールでも有効であることが明らかとなりましたが、厚生労働省などによるアナウンスが無い限りは、これまで通り次亜塩素酸ナトリウムで消毒を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。