植物に残された「食べ痕」から食べた虫を突き止めることに成功、京都大学・神戸大学

植物に残された「食べ痕」から食べた虫を突き止めることに成功、京都大学・神戸大学

その昆虫がどんな植物を食べて生活しているのかは、生態系を理解するためには重要なことであるが、野外観察などで実際に”食べている現場を押さえる”のは容易ではない。ましてや、その昆虫が食用とする植物を網羅的に明らかにするには時間と労力がかかる。
その一方で、昆虫が植物を食べている姿よりも昆虫が植物を食べた痕(食痕:しょくこん)を見る機会は圧倒的に多い。

京都大学農学部と神戸大学大学院人間発達環境学研究科の研究グループは、昆虫が食べた痕に唾液のような分泌物が残り、これを使って食害した昆虫のDNAが検出できるのではないかと考えた。

研究者らはクワの葉をカイコに食べさせ、その表面のDNAを集めてから、環境DNA分析に用いられる方法でDNAを増幅させ、DNA配列を調べた。その結果、カイコのDNAを検出することに成功したという。

さらに研究者らは、野外で採集したベニシジミの幼虫が食べたとされる葉からもベニシジミのDNAを検出することに成功した。

また、食べた痕が長いほどDNAの検出率が高くなることから、研究者らが予想した通り、食べ痕にはそれを食べた虫の分泌物が残っており、そのDNAが検出されているようだ。

今回の手法を利用すれば、植物に残された食べ痕からどんな昆虫がその植物に依存して生活しているのかを迅速に突き止めることができるため、生態系の保全や絶滅危惧種の保護に役立つという。この研究成果はアメリカの専門誌『Environmental DNA』に掲載された。