仕事で殺虫剤や消毒液を使っていると女の子が生まれやすくなる?――兵庫医科大学の研究

女の子が生まれやすくなる

一部の職業では、取り扱う薬品や道具、働く環境などによってある特定の化学物質に長期的に曝されることがある。いわゆる職業性曝露(ばくろ)と呼ばれるものだ。これは就業者の健康に影響を与えるだけでなく、近年では妊娠あるいは出産前に親が特定の化学物質に曝露されている場合、その子どもにも影響を及ぼすことが指摘されている。

兵庫医科大学・エコチル調査兵庫ユニットセンターの研究者らは、特に日本における赤ちゃんの性比に注目した。1968年から1980年までの赤ちゃんの性比は女の子が100人に対して男の子が106~107人であったが、1980年から変化があり、現在では女の子が100人に対して男の子が105人となっている。つまり、男の子が生まれる割合がわずかに減少しているのだ。これは日本だけでなく、他の先進国においてもみられるという。

従来までの研究によって、親が特定の化学物質に曝露されることによって、生まれてくる赤ちゃんの性別に影響を及ぼす可能性があることは指摘されており、兵庫医科大学の研究者らは化学物質と性比の関連性について調査を行った。

研究チームは、出生時の医療記録から子どもの性別が判明した全国50,283名の赤ちゃんのデータを使用し、妊娠が明らかになる約3か月間に父親が23種類の化学物質を半日以上かけて使用した頻度を回答してもらった。
その結果、仕事で殺虫剤を使用することのない父親の子どもで男の子が生まれる割合は51.1%であったが、月に1~3回使用する父親では50.7%、週1回以上使用する父親では44.5%と、使用頻度が高くなるほど男の子が生まれる割合が低くなるという統計的に有意な結果が得られたのだ。

Tractor Fertilize Field Pesticide And Insecticide
Tractor Fertilize Field Pesticide And Insecticide flickr photo by aqua.mech shared under a Creative Commons (BY) license

研究チームはさらに、この結果について職業や年齢、飲酒や喫煙歴、経済的状況などによる影響ではないことを調べるために統計データを修正し、殺虫剤を使用していないグループとの割合を比較した。
その結果、殺虫剤を使用していない父親グループで男の子が生まれる割合を1とすると、月に1~3回使用する父親のグループでは0.96、週1回以上使用する父親のグループでは0.86となったという。ちなみに、今回の研究では医療用消毒剤でも男の子の割合が減少する傾向が見られたが、殺虫剤ほどではなかったという。

今回の研究では、妊娠前に父親が仕事で殺虫剤や医療消毒剤を使用していると男の子が生まれにくくなる、逆に言えば女の子が生まれやすくなることが統計的に明らかになったが、高濃度の水銀や放射線の曝露による影響は認められず、水銀や放射線によって男の子の割合が減少するという先行研究と一致していない部分がみられたという。

また、殺虫剤におけるどのような成分が、子どもの性比にどのような影響をもたらしているかについては明らかになっていない。研究チームは今後、出産を控えた両親の血液を採取し、化学物質濃度などの分析を行って詳しい調査を進めていくという。