額に尻尾のある子犬が発見される、アメリカ・ミズーリ州

捨てられていた子犬の額には、なんと尻尾がついていた。

額に尻尾のある子犬が動物保護団体「マックス・ミッション」により、凍えるような寒さのなか捨てられていたところを保護された。生後10週ほどとみられている。この子犬には額に尻尾があるだけでなく、本来の場所にも尻尾があるため2つの尻尾を持っていることになる。

この子犬は、イッカクを意味する「ナーワル」と名付けられた。イッカクの角は、厳密には異常に発達した巨大な歯であり、群れにおいての序列を競い合うためにあるものだが、ナーワルが持つこの愛らしい”角”に勝てるような犬はいないだろう。フルネームは「ナーワル・ザ・リトル・マジカル・ファーリー・ユニコーン」というそうだ。

この額にある尻尾についてレントゲン検査を行ったところ、どうやら骨などにはついておらず、痛みの原因にはなっていないという。また、生活上の大きな支障もないため、切除はしない方針であるという。

動物保護団体「マックス・ミッション」ではおもに、ナーワルのような何らかの事情によって特別なケアを必要としている犬を保護している。同団体がフェイスブックに投稿したナーワルの写真や動画は多くの人に拡散され、保護センターの活動自体にも注目が集まっているという。

ナーワルが成長するうえで今後、この尻尾が何らかの問題が引き起こす可能性があるため、里親募集については保留の段階であるが、既に50件以上もの申し込みが寄せられている。