サルが新型コロナウイルス感染者の血液サンプルを奪って逃走、インド・メーラト

2020年6月1日

Cute Monkey
>Cute Monkey flickr photo by watchsmart shared under a Creative Commons (BY) license

インド・ニューデリー近郊のメーラトで、複数のサルが医療従事者を襲い、新型コロナウイルス検査で採取された血液サンプルを強奪するという出来事があった。インドでは食べ物や携帯電話など、人間の所持品をサルが奪い取る事件がしばしば発生しており、今回はそれが最も危険な形で顕在化した。

サルは医療従事者から3つの血液サンプルを奪い、近くの木々に登ったという。うち1匹はこの血液サンプルをかみ砕こうとしている様子が撮影され、SNSで拡散された。これを受けて、メーラトの医療当局であるLLRMメディカルカレッジ・メーラトの理事長は声明を発表。血液サンプルを入れた箱は無事に回収され、新型コロナウイルスの感染が拡大することはないと主張している。

I love you mummy!
I love you mummy! flickr photo by foxypar4 shared under a Creative Commons (BY) license
インドに生息するハヌマンラングールはインド神話の神「ハヌマーン」の使いと信じられており、人から物を奪い取ることがあるものの、人々から手厚く保護されている。

また、血液サンプルを採取した患者3人に対しては、念のためにもう一度新型コロナウイルスの検査が行われたという。インドでは現時点で感染者数が18万人以上、死者数は5,000人を超え、新型コロナウイルスへの警戒が強まっている。

あなたにおすすめの記事




歴史・文化カテゴリの最新記事