新型コロナウイルスは犬や猫にも感染するのか?

2020年3月28日

新型コロナウイルスは犬や猫にも感染する

あらゆるウイルスは突然変異を引き起こし、稀に他の動物への感染経路を獲得することがある。今回の新型コロナウイルスも、おそらくはコウモリを自然宿主とするコロナウイルスが何らかの中間宿主動物を介してヒトへの感染能力を獲得したと考えられており、これまでの研究によって鱗を持つ哺乳類であるセンザンコウの関与が疑われている。

新型コロナウイルス研究の最前線においては、感染拡大を抑え、有効な治療法を見つけるとともに、突然変異によって起こりうるあらゆる脅威に対して注意を払わなければならない。例えば、新型コロナウイルスは私たちヒトのみならず、ペットである犬や猫にも感染するのだろうか――?

新型コロナウイルスが犬に感染した例

今年の2月下旬頃、香港に住む60歳の女性から新型コロナウイルスの感染が確認されたが、調査チームはこの女性が飼っていたポメラニアンについても新型コロナウイルスの検査を試みた。その結果、弱い陽性反応が確認されたという。単純なウイルスの付着であるとも考えられたが、その後に行われた複数回の検査によっても同様に弱陽性反応が検出されたため、調査当局はこの犬が”低レベルの感染”を引き起こしていると結論付けた。

さらに3月20日には、再び香港で30歳の女性患者が飼っていたシェパードで再び陽性反応が確認された。香港ではこれまでに犬17匹と猫8匹に対して新型コロナウイルスの検査を行ってきたが、新型コロナウイルスがペットに感染した例は現在までに犬におけるこの2例のみで、いずれの犬も全く症状が現れておらず、医学的には健康な状態であったという。

しかし、今年3月27日にはベルギーで初めて猫からも新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。さらに驚くべきことに、今回は猫に呼吸器系・消化器系の異常がみられたという。この猫は明らかに、新型コロナウイルスに感染した状態を示していたのだ。

現在のところ、心配するべき事態ではない

人からペットに感染したというこれらの報告から、多くの人がペットからペットへ、そしてペットから人へと感染するような事態を心配しているかもしれない。

世界保健機関(WHO)は現在までに”ペットが新型コロナウイルスを他のペット、または人に伝染するという証拠はない”としており、国際獣疫事務局も”感染した人との濃厚接触によって他の動物に感染する可能性はあるものの、現時点で動物がウイルスを拡散するという証拠はない”としている。
つまり現時点において、人からペットに伝染することはあっても、ペットからペット、あるいはペットから人へ伝染する証拠はなく、飼い主が新型コロナウイルスに感染したとしても、ペットに対して特別かつ厳重な隔離措置などを行う必要はないということだ。

ただし、国際獣疫事務局の説明には”このウイルスに関して更なる情報が判明するまで、新型コロナウイルス患者は伴侶動物や他の動物との接触を制限することをお勧めします”とある。
”新型コロナウイルス患者はペットとの濃厚な接触を避け、健康な人であっても基本的な衛生対策を実施し、お世話をした前後での手洗いや清掃、キスや食べ物のシェアを避けるべきです”。

現在のところ、ペットが新型コロナウイルスに感染したり、ペットから新型コロナウイルス感染症に感染してしまうような事態は心配するべきではないが、あなたの健康のみならず、大切なペットを守るためにも、そして新型コロナウイルス以外の病気を予防するためにも”基本的な衛生対策”はしっかり守ろう。

あなたにおすすめの記事





医学カテゴリの最新記事