WHOが新型コロナウイルスによる疾患名を「COVID-19」に決定


2月11日に世界保健機関(WHO)は、中国で発生した新型コロナウイルスによる疾患名を「COVID-19(コビッド・ナインティーン)」とすると発表した。名称の「CO」は”corona”、「VI」は”virus”、「D」は”disease”、そして「19」は流行が確認された2019年を表している。

注意すべきなのは、これは新型コロナウイルスの名称ではなく、新型コロナウイルスによる疾患名であるということだ。ウイルス名はまた別の名称となる。

新型コロナウイルスの名称は「SARS-CoV-2」に決定

これまで、この新型コロナウイルスは「2019-nCoV」という符号的な名称が用いられてきた。これは流行が確認された”2019”年に、新型コロナウイルス”Novel Corona Virus”の頭からそれぞれ文字を取ったものだ。しかし、この仮符号表記はもう使用されなくなる。

実はウイルスの名称についても、「COVID-19」という疾患名が発表された同日に国際ウイルス分類委員会(ICTV)によって「SARS-CoV-2」とすることを発表したのだ。

「SARS」は”Severe Acute Respiratory Syndrome”(重症急性呼吸器症候群)の略称で、「CoV」は”corona virus”、数字の「2」は2番目に発見されたSARSウイルスの姉妹種であることを示したものだ。結局、新型コロナウイルスの名称「SARS-CoV-2」は、SARSコロナウイルスの名称「SARS-CoV」に”2″を付け足しただけということになる。

Novel Coronavirus SARS-CoV-2
Novel Coronavirus SARS-CoV-2 flickr photo by NIAID shared under a Creative Commons (BY) license
新型コロナウイルス”SARS-CoV-2”。

「COVID-19」という名称に問題は?

WHOは「COVID-19」という決定について、負のレッテルを回避するための国際勧告に準じて、不要な偏見や差別などが生じないようにあらゆる地名や人物名、動物などの名前を避けて選ばれたという。

近年、国際的にノロウイルスが種名であるノーウォークウイルスと呼ばれるようになっているのは、世界中の”noro”という姓(日本でも名字に「野呂」が存在する)を持つ人々が精神的な被害を受けているという指摘を受け、国際ウイルス分類委員会が呼称の変更を呼び掛けたからだ。

COVIDは覚えやすく呼びやすいが、短い名称であるが故に、他の名称と重複してしまうことは避けられない――アリゾナ州テンピでAV機器を販売するCOVID社は、WHOが「COVID-19」という名称を発表した2月11日の午後過ぎごろ、”恐ろしい勢い”で本社に電話が殺到したという。他にも、世界中で「COVID」の名称を使っている団体や会社などが、少なからず”風評被害”を受けてしまうことは間違いないだろう。

日本では恐らく「新型コロナウイルス」という名称がこれからも使われ続けるだろうが、まだまだ収束の見えない世界的な感染拡大にあたり、疾患名・ウイルス名ともにぜひ覚えておきたい。