文化

1/3ページ

日本の1966年の出生数はなぜ減少したのか?

日本の1966年の出生数はなぜ減少したのか? 2019年2月27日 高齢化とともに少子化が問題となっている日本。出生数は年々減少しており、2016年には年間出生数がついに100万人を切り、去年2018年は92万1千人と過去最少記録を更新している。下のグラフは2016年までの日本における男女それぞれの出生数を表したグラフだ。 青いグラフは男性の出生数、赤いグラフは女性の出生数を表している。男性の出生 […]

       

象牙の代用品としてマンモスの牙が流通、マンモスをワシントン条約で保護?

象牙の代用品としてマンモスの牙が流通、マンモスをワシントン条約で保護? 2019年2月1日 African Bush Elephants, Maasai Mara flickr photo by Ray in Manila shared under a Creative Commons (BY) license 現在、象牙をめぐる問題はあまりにも深刻化している。非人道的な方法でゾウが密猟され、個体 […]

       

インディアンを服従させるために乱獲され、絶滅寸前にまで追い込まれた「アメリカバイソン」

インディアンを服従させるために乱獲され、絶滅寸前にまで追い込まれた「アメリカバイソン」 2019年1月14日 1870年代に撮影されたこの写真に、まるで山のように積み上げられているものはすべてアメリカバイソンの骨だ。しかも、よく見ると分かる通りその全てが頭骨である。写真に写っている2人の男性は、それぞれ頭骨を足で踏みつけて誇らしげにポーズをとっている。一体、何頭分ものアメリカバイソンが積み上げられ […]

       

サメのヒレだけを切り取って海へと捨てる「シャークフィニング」とは?

サメのヒレだけを切り取って海へと捨てる「シャーク・フィニング」とは? 2018年10月5日 PRO_5654 flickr photo by jinkemoole shared under a Creative Commons (BY) license サメの背びれや尾びれの部分を乾燥させた中華料理食材であるフカヒレ。古くは皇帝にも捧げられていたほどの高級食材であり、中国ではフカヒレ料理で客人をも […]

       

いつ使えるか分からない、面白い8つの花言葉

いつ使えるか分からない、面白い8つの花言葉 2018年10月4日 クコ:お互いに忘れる、水に流す Lycium chinense Miller flickr photo by acerhwng shared under a Creative Commons (BY) license クコは可愛らしい紫色の花を咲かせるが、なぜこのような花言葉を持つに至ったのだろうか?クコが持つ他の花言葉には「誠実」 […]

       

盗まれた遺跡――ピラミッドの頂上はどこへ消えたのか?

盗まれた遺跡――ピラミッドの頂上はどこへ消えたのか? 2018年8月25日 Great Pyramids of Giza flickr photo by JackVersloot shared under a Creative Commons (BY) license クフ王が建設したギザの大ピラミッドは、高さ約139mという最大規模のピラミッドだ。紀元前26世紀に建設されたにも関わらず、14世紀 […]

       

「親知らず」という名前の由来とは?

「親知らず」という名前の由来とは? 2018年7月7日 18~24歳頃に、上下左右の奥にそれぞれ生えてくる謎の歯「親知らず」。歯学的には第三大臼歯と呼ばれるこの歯はなぜ「親知らず」と呼ばれているのだろうか? 名前の由来にはもちろん諸説あるが、最も有力な説は「親が知らない間に生えてくるから」というものだ。親知らずは人間の歯のうちで最も遅く生えてくる歯であり、親知らずが生えてくる20歳前後にはもう既に […]

       

「魔女の使い魔」とされた不吉な象徴の黒猫は、本当は幸運の象徴だった?

「魔女の使い魔」とされた不吉な象徴の黒猫は、本当は幸運の象徴だった? 2017年11月5日 Black Beauty flickr photo by jakeprzespo shared under a Creative Commons (BY) license 13日の金曜日や666や4・9という数字、靴ひもがちぎれたり朝に蜘蛛が現れるといった出来事など、世界中には不吉な象徴や凶兆などが数多く存 […]

       

ルネサンス時代の絵画になぜハエが描かれているのか?

ルネサンス時代の絵画になぜハエが描かれているのか? 2017年9月8日 羽音を立ててうるさく飛び回り、食べ物や死骸に群がるハエはどの時代においても嫌悪の対象である。見るだけで不快になるという人も多いだろうが、ルネサンス時代の絵画には不思議とハエが描かれているものがある。これはどういうことなのだろうか? Jacob van Hulsdonck氏の作品『Still Life with Fruit an […]

       
1 2 3