子どもを持つ人は老後から幸福度が高くなる、ハイデルベルク大学の研究

baby-22194_640

子育ては、多くの人が人生で最も大変なものとして挙げるだろう。日本では、育児の不安や老後の経済的な安定を重視して、近年では子どもを持たないという選択をした夫婦も増えてきている。しかし、子どもを立派に育てた人では、子どもがいない人と比較して老後の幸福度が高い傾向にあることを、ドイツの研究チームが発表した。

ドイツのハイデルベルク大学の研究チームは、ヨーロッパ16か国で50歳以上の55,000人を対象に、現在の精神的な健康状態についてのアンケートをとった。研究チームらがこの回答を解析した結果、子どもがいた場合では歳を取ってから精神面で良い影響を与えることが分かったという。

研究チームらによると、最も大きな要因の一つは子どもの存在が「社会的な支え」となっていることだという。息子や娘の存在が、高齢になるにつれ増していく孤独感を軽減させ、幸福感を向上させるといったストレスの”緩衝材”の役割を果たしていたというのだ。

子育ては確かに大変な苦労であり、仕事と私生活とのバランスを取る必要があるため、子育てをしている人は子を持たない人と比較してストレスが多いという研究がいくつか報告されているが、どうやら老後になると育児に関連するストレスが減少し、介護者や社会的な接点としての子どもの利点が上回るようになるという。

幸福に生きるためには子どもを持つべきか、持たないべきかという問題は社会学的な観点からみると、非常に難しい問題のようだ。アメリカ・プリンストン大学が発表した論文によると、子どもがいる人といない人では、人生の満足感の差はほとんど無かったという。また、イギリス・オープン大学の研究によると、子どものいない夫婦は子どものいる夫婦と比べてパートナーに対する満足度が高いという。

意外にも、”子どもを持つことは幸福なこと”という世間の一般的なイメージとは一致しない研究結果は多く報告されている。しかし、それでも子育てはどんなに大変であっても素晴らしい体験であることには間違いないだろう。
自分だけの人生を楽しむのもいいかもしれないが、人生は一度きり――子育ては子どもだけでなく、私たちを”成長”させ、人生をより豊かなものにしてくれるだろう。