コーヒーが好きかどうかは遺伝子で決まる?コーヒーの摂取量に関連する遺伝子を特定

coffee-983955_640

私たちにとって身近な飲料であるコーヒーは、私たちの健康にどれだけの影響を与えているのだろうか――現在、コーヒーがもたらす健康効果が大きく注目を集めている。近年ではコーヒーによる抗酸化作用や、脂質代謝改善作用などが明らかになっている一方で、健康に悪影響を及ぼすといった研究結果も一部では報告されている。コーヒーを飲む人と飲まない人では健康にどのような差がみられるか、研究者らは解き明かそうとしている。

その一環として、近年ではコーヒーの摂取量に関連する遺伝子を探す取り組みが行われており、特にコーヒーが多く消費されている欧米では活発に研究がなされてきた。そして日本でも、東京大学大学院農学生命科学研究科の研究チームらが、遺伝子解析会社との共同研究で、日本で初めてコーヒーの摂取頻度と関連する遺伝子の解析を行った。

研究チームらは、日本人約1万2,000人分のゲノム情報とwebアンケート情報を使って解析を行い、コーヒーの摂取量に有意に関係のある遺伝子の場所を2つ特定した。
1つは、ヒトの7番染色体上にあるAHR遺伝子の近くにあった「7q21領域」だ。AHR遺伝子はカフェインの代謝やコーヒー摂取量と関連することが既に知られており、欧米の人々を対象とした研究でもAHR遺伝子の近くで同様のものが見つかっている。

興味深いのはもう1つの、ヒト12番染色体上にある「12q24領域」だ。これは、欧米の研究では発見されていなかったもので、複雑なはたらきを持っているために、さらに詳しい解析を行う必要があるという。

この「7q21領域」と「12q24領域」を詳しく調べた結果、どちらにも年齢差は見られなかったが、「12q24領域」では男女差があり、男性の方がより高く関連性が見られたという。

さらに、「7q21領域」と「12q24領域」において、BMIや総コレステロール値、中性脂肪値、HbA1c値を比べた結果、コーヒーを多く摂取する傾向にあるグループではBMIと中性脂肪が有意に低いことが明らかになったという。BMIや中性脂肪はいずれも肥満または体形に関与しているが、コーヒーを飲むことによってこれらの数値が低下しているのか、遺伝的に数値が低下しやすいのかはまだ明らかではない。

お酒が強い人はお酒が好きになりやすいように、コーヒーに関しても同様に、代謝能力が好みに影響していると考えられている。あなたのコーヒー好きはもしかしたら、生まれた時からすでに遺伝子レベルで決められていたのかもしれない。