インドで7歳の男の子から526本もの異常な歯が摘出される


Smile flickr photo by Håkan Dahlström shared under a Creative Commons (BY) license

インドの南部にあるチェンナイである奇妙な病気が報告された。7歳の男の子の口から526本もの”異常な歯”が見つかったのだ。男の子は右の下あごに痛みや腫れが見られ、歯科大学病院でX線検査を行ったところ、異常な歯が大量に入った腫瘍が見つかったという。その後、手術によって正常な歯以外はすべて取り除かれたという。男の子は手術から3日後に退院し、快方に向かっている。

男の子に見られた多数の歯は、複合歯牙腫(ふくごうしがしゅ)という珍しい病気によるものだ。腫瘍のような名前であるが、実際には腫瘍と奇形の中間的な性質を持つ過誤腫(かごしゅ)と呼ばれるものである。腫瘍の中には多数の小歯様物(しょうしようぶつ)がみられることがあり、今回の症例では右あごにできた腫瘍内に0.1mmから1.5cmまでの複雑な形をした大小さまざまな歯が526本確認されたという。摘出する歯の数は多いが、ふつうの歯のようにあごの骨に付いておらず、ただ腫瘍内に埋まっているだけなので摘出自体はそう難しくない。

歯牙腫の多くは痛みなどの自覚症状がないため、歯が生えてこなかったり、歯が移動するなどの副次的な症状などから受診し、X線検査などによって偶然発見される場合が多いという。摘出された歯はしっかりとした形を成しておらず、まるでコンクリートの破片のようないびつなものが多かったが、興味深いことに小さな歯にもしっかりと歯根やエナメル質などが確認されたという。

こうした症例は珍しいが、子どもにみられる歯の異常はそれほど珍しくない。歯が生えるのが遅かったり、異なる場所に生えてくるなどの異常が子どもにみられる場合は診察を受けた方がよいだろう。