水分補給をしているのに脱水症状に陥ってしまうメカニズムとは?


Be water flickr photo by ℒaura Tou shared under a Creative Commons (BY) license

夏場の水分補給は脱水症や熱中症を防ぐために非常に重要であるが、”あること”に気を付けなければ、水分を摂れば摂るほど逆に脱水症状に陥ってしまうという。そのメカニズムと対策とは?

人間が汗をかくのは、汗が蒸発したときの気化熱で身体の熱を逃がすためだ。特に夏場は気温が高く体温が上昇しやすいため、身体を冷やすために多くの水分が汗として消費される。しかし人が汗をかいたときに失われるのは水分だけではない。汗がしょっぱいのは塩分などのミネラルが含まれているからだ。これは汗が「血漿(けっしょう)」と呼ばれる血液の液体成分から作られるためで、血漿に溶けていたミネラルも一緒に汗となって出てしまうからである。

つまり、汗をかくと水分が消費されるだけでなくミネラル分も消費してしまうのだ。汗をかくことによって失われた水分を補うために水分補給だけをすると体液量は元に戻るが、汗によって失われたミネラル分は元には戻らない。すると「体液量は正常だがミネラル分が少ない状態」となり、体内恒常性機能の働きによって薄くなってしまった体液濃度が正常となるように体液の排出を促進させるのだ。結果的に体液量は水分補給する前よりも減少してしまい、脱水症状に陥ってしまう危険があるのだ。

水分補給をする場合は、なるべくミネラル分も同時に摂取することが大切だ。スポーツドリンクやミネラル入りの麦茶を飲用したり、水分1Lに対して2g程度の塩を一緒に摂るだけでも十分効果がある。これからの季節、脱水症には十分注意しよう。