お酒に強い人と弱い人の違いとは?


Gettin’ it in flickr photo by Johnny Silvercloud shared under a Creative Commons (BY-SA) license

お酒を飲んだときの強い人と弱い人の反応はそれぞれだ。飲んですぐ顔が赤くなる人、いくら飲んでも全く平気な人、すぐに酔い潰れてしまう人。このようなお酒に強い人と弱い人では一体何が違うのだろうか?

その前に、アルコールを摂取したときに体内でどのような代謝が起きているのかについて考えてみよう。血管中に取り込まれたアルコールは肝臓にある「アルコール脱水素酵素」によって分解される。その過程で生成されるのがアセトアルデヒドという物質だ。アセトアルデヒドは二日酔いの原因となる物質で、顔の紅潮や頭痛・吐き気などのお酒を飲んだ時に起きる様々な症状を引き起こす。

アセトアルデヒドはさらに「アセトアルデヒド脱水素酵素」によってさらに毒性の低い酢酸という物質に代謝され人体への影響はほとんど無くなる。

つまりアルコールの代謝は大きく分けて「アルコール脱水素酵素」と「アセトアルデヒド脱水素酵素」の2つの酵素の働きによって行われることになる。

実は、お酒に強い人と弱い人の違いはこれらの酵素を作り出す「遺伝子」の違いによるものなのだ。

お酒は飲み続けることによって、弱い人でもある程度お酒に強くなることが明らかとなっているが、遺伝的な性質を簡単に変えることはできない。元々お酒に弱い人が過度な飲酒を続けると、人体に大きな負担がかかることになってしまうのだ。自分のお酒に対する強さがどのくらいであるかを十分に理解し、適度な飲酒を心掛けよう。