口臭の原因と改善方法とは?


flickr photo shared by tsmall under a Creative Commons ( BY-SA ) license

日本人で口臭が気になる人の割合は実に8割近くにもなる。口臭の原因にはどのようなものがあるのか?
まずは口腔環境だ。口腔内には500種類以上の細菌が存在している。このうち,嫌気性細菌が口腔内に残存した食物のタンパク質やアミノ酸などを分解しアミンやインドール,アンモニアや硫化水素などの口臭の原因となるガスを発生させるのだ。また,口腔内が乾燥している状態では唾液による自浄効果が低下するため口臭の原因となる嫌気性細菌が増加する。

対処法としてはやはり口腔を清潔に保つことが大切だ。しかしながら,強く磨きすぎると粘膜や歯茎を傷めるため口臭を悪化させてしまう場合もあるので注意が必要だ。
口腔の乾燥については,飲み物を飲むと逆に唾液を流してしまうためガムを噛んで唾液の分泌を促すと良い。睡眠不足やストレスなどでも唾液の分泌量は低下するので正しい生活習慣を心がけることも大切だ。


flickr photo shared by Gianni Dominici under a Creative Commons ( BY-ND ) license

喫煙は,諸種の化学物質が口腔内に沈着したり,血中に入って再び呼気に排出されることで口臭の原因となる。 また,舌の表面にできる細菌性の苔状の堆積物は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるもので,口臭の原因となるので優しくブラッシングしてケアしておこう。歯石なども細菌が増殖しやすいため歯科で定期的に除去してもらうことをお勧めする。

次に挙げるのは口腔疾患だ。口臭が気になり始めた方は最初に口腔環境が原因であると思う方が多いかもしれないが、実は口臭の9割は虫歯や歯周病などの口腔疾患が原因なのだ。虫歯が進行した歯の内部や,歯周病によって歯と歯茎の間にある歯周ポケットで嫌気性細菌が増殖する。また歯周病の悪化により排膿や出血も口臭の原因となる。歯周病がある方は治療を行うことで口臭改善される場合が多い。


flickr photo shared by Muffet under a Creative Commons ( BY ) license
ニンニクにはアリインという物質が含まれており,これが分解されてできた硫黄化合物が呼気へと排出されることで口臭を引き起こす。

口臭の原因となるのは口腔の疾患だけではない。何らかの疾患によって血中に分泌された成分は肺を介して呼気へ排出されるのだ。例えば糖尿病では呼気にアセトン臭やケトン臭,腎臓の疾患ではアミン臭が現れることがあり,蓄膿症などの耳鼻疾患も口臭の原因となる場合もある。これらの疾患はそれぞれに独特な口臭が現れるため注意しておく必要がある。
原因がよく分からなかったり,なかなか改善されない口臭には、口臭外来という口臭を専門に扱った外来を設けている歯科医院もあるので受診してみると良いだろう。