写真を撮るとなぜ赤目になるのか?


flickr photo shared by ** RCB ** under a Creative Commons ( BY ) license

大切な記念撮影で赤目で映ってしまい,がっかりした方も少なくないだろう。写真を撮るとなぜ赤目で映ってしまうのだろうか?瞳孔に入る光量は虹彩にある瞳孔散大筋と瞳孔括約筋によって調節が行われ,暗い場所では瞳孔が大きく,明るい場所では瞳孔が小さくなる。撮影前にストロボでフラッシュを行うと,瞳孔が大きく開いた状態となり,撮影時に目の奥にある網膜が映ってしまうことが原因なのだ。

では,赤目を防ぐためにはどうにすればよいのだろうか?例えば,なるべく明るい場所で撮影を行うことで,瞳孔を小さくしておき,網膜が映るのを防ぐことができる。また,視線をカメラから少しずらすことによって網膜が映るのを防ぐといった方法もある。近年ではデジタルカメラの機能により,フラッシュ前に予備発光を行うことで瞳孔を小さくして網膜を映りにくくしたり,赤目を修正できるものも存在する。