ジェネリック医薬品のデメリットとは?

ジェネリック医薬品

近年、目にする機会が多くなったジェネリック医薬品。厚生労働省の推進もあってジェネリック医薬品のメリットだけが広告され、デメリットの部分はあまり知られていない。
まず,ジェネリック医薬品とは何だろうか?日本語では後発医薬品と呼ばれ、簡単に説明すると新薬(先発医薬品)と同じ有効成分で製造された医薬品のことだ。

新薬の開発には莫大な研究費用と膨大な研究期間が必要だが、この新薬をすぐ別の製薬会社が同じ薬を作り出して販売すると競合して研究費用を回収できない可能性がある。これを防ぐために、新薬は特許権によって保護され、新薬の発明から20年程度のあいだ、他の製薬会社が同じ有効成分を持つ薬品を製造して販売することができない。そして、この特許権で保護された期間が終了し他の製薬会社が同じ有効成分で製薬したものがジェネリック医薬品である。

新薬は研究費用を回収する為に高価に設定されているが、ジェネリック医薬品は既に有効成分が明らかとなっているので研究が不要で開発期間も短いので、新薬と同じの有効成分を含むにも関わらず安価で販売することができる。厚生労働省は高齢化に伴う医療費の増加を懸念しており、安価なジェネリック医薬品を推進しているのはこのためである。

では、ジェネリック医薬品のデメリットとは何か。確かに、ジェネリック医薬品は同じ有効成分で製薬されているが、他の成分は同じであるとは限らないのだ。さらに、有効成分に加えて有効成分の効果を高めたりする他の成分(添加物)の特許は新薬の有効成分の特許とは別に保護されているので、有効成分は新薬と同じでも,添加物が特許によって保護されている場合はその成分を使う事はできない。同じように、薬品の形状や構造も新薬と同様であるとは限らないのだ。

例えば、今まで使っていた薬をジェネリック医薬品に替えたことで別の添加物によるアレルギーなどの副作用が生じたり、効能が低下している可能性があるのだ。実際に、ジェネリック医薬品に切り替えると効能が低下して新薬に戻した例も少なくないようだ。
また、添加物が同じであっても添加物の量や製薬会社の製法技術の差によって意図しない効能の低下が見られる場合がある。

しかし、長期的な治療になるとやはりジェネリック医薬品の方が負担が少なく、有効性については厚生労働省の認可が必要となっているので、やはりジェネリック医薬品のメリットが大きいことに変わりはない。医師や薬剤師と相談して、自分に合った医薬品を選ぶことが大切だ。